お客様の声

男のロマンが詰まった男前住宅&ガレージ

  • #インテリア
  • #ガレージ
  • #バイク
  • #平屋
  • #手作り
  • #趣味を楽しむ

木目調の平屋にウッドデッキと洗練されたガレージが印象的なT様邸。住宅を購入したいというよりも『大好きなバイクのメンテナンスを思う存分したい!!』という想いから、はなまるハウスでの建築を決意しました。その強い気持ちは『家よりもガレージを先につくってくれ!!』と頼んだほど。ガレージはもちろんオウチの中もT様お手製の家具たちが大活躍しています。今回はそんなバイク大好きT様邸のご紹介をしていきます。

居心地のいい空間を自作の家具で作り上げる

オウチやガレージ内には、自作の家具たちがいたるところで存在感を発揮しています。TVボードやこたつ、帽子掛けや小物を収納できるボックスにいたるまでアメリカンスタイルに合わせて全て自作で制作したとのこと。中でも驚いたのが、アイアンを自分で溶接までして家具をつくってしまうこと。既製品は好きではなく、なんでも自分で作ってしまうそうです。T様がお持ちのおしゃれな小物達も味のある家具とよくマッチしています。また、リビングの大きな窓からはこだわり抜いたガレージが眺められるように配置されており、家の中からでも愛車を眺めることができる癒しの空間となっています。

こだわり抜いたガレージは自慢のバーへも早変わり

16歳の時に中型2輪免許を取得してからバイクの虜になったT様。現在では大型バイクの免許もお持ちで、月に2~3回は山や海にツーリングに出かけているそうです。愛車は1966年のイギリス製TRIUMPH。丁寧にメンテナンスをして大切に乗っている印象がありました。
一番こだわったガレージ内も壁に取り付けられている木材やテーブル、バーカウンターにいたるまで全て自作のもの。木材が取り付けられている壁には、お店のように工具がディスプレイされ、どこになにがあるのかも一目瞭然。愛車のメンテナンスもはかどりそうです。

日々の楽しみはバイクを眺めながらの晩酌

『ソファで酒を飲みながら毎晩バイクを眺めるのが楽しみ。』と語るT様。夜はペンダントランプの光が、ガレージを暖かく照らしてくれます。ガレージ内ではエルヴィス・プレスリーの音楽がより一層、愛車との時間を楽しませてくれる役割を担っています。
T様は、寒い冬でもストーブをつけて夜な夜な晩酌をしているそうです。バイク仲間も度々訪れているようで、取材にお邪魔した数日前にも10名ほどの友人がきて、おいしいお酒を飲み交わしたとのこと。『これからは思う存分、愛車との時間を満喫していきたいと思います。』と嬉しそうに語ってくれました。

お客様の声一覧に戻る

Topへ戻る