家づくりの知識

エリア情報

岡垣町ってどんな街?

2017.11.10

福岡市にも近い便利な立地が魅力

主要都市へのアクセスのよいベッドタウン

岡垣町の名前の由来は、自然風土を表す砂の「岡」と人々が生活し、防風林として誕生した松の「垣」の2つの文字から明治40年に前身となる岡垣村という村名が誕生しました。「小高い砂丘に松を植えた人々の住む町」という意味を含んでいます。

 

岡垣町は、北九州市や福岡市に通勤通学する方が非常に多い、両市のベッドタウンとなっています。主要都市への交通アクセスの利便性の高さから岡垣町は近年人口が増加傾向にあり、エリアの中でも注目が集まっています場所と言えます。九州を縦断している鹿児島本線の停車駅や九州の北と南を結ぶ国道3号線が通っているため電車・車共に利用しやすくなっています。

自然環境も豊かな岡垣町

岡垣町には自然が多く残り、自治体では「海がめもかえる町」を1つのモットーに自然を守る取り組みを進めています。のんびりとした環境の中で暮らしたいと考えている方にとって住みやすい街と言えるでしょう。海に面しているこの岡垣町には、「日本の白砂青松100選」に選ばれた三里松原があります。平安時代にはこの地を訪れた皇后が、海の風を防ぐ目的で海岸沿いに松を植えて垣をつくらせたのがこちらの松原の由来とされています。由緒正しい三里松原は、地域の方たちからも親しまれているスポットです。

結婚や子育てをサポートするサービスが充実

岡垣町では新たに住まいを購入する人への支援制度があります。「定住奨励金交付制度」では新たに岡垣町内で住宅(新築・中古共に)を購入する中学生以下の子供のいる家庭、または夫婦の年齢の合計が80歳未満の夫婦へ奨励金が支払われます(※その他、諸条件あり)。エリアにより支払い期間及び支払い金額がことなり、支払い期間は3年または5年、支払い金額は最大145万円となっています。

 

また、「ウェルカムキャンペーン事業」というものも実施されており、岡垣町に転入された人を対象に、町の魅力の一つと言えるびわや巨峰(狩りチケット)、みかんなどの果物やお米、焼酎などの特産品を合計2万円以内でプレゼントしてもらえます。

岡垣町では育児休暇からスムーズな復帰をサポートし、働く女性を支援する「仕事と子育て両立応援セミナー」が開催されています。地元の保育所の協力などを得て、親子で保育所体験ができたり交流会、グループワークなどが実施されています。子育て支援を行う団体や企業への補助も、岡垣町の取り組みの1つであり、街全体の教育環境も一層レベルアップしていく可能性があるのはないかと思います。実際、岡垣町では街の施設を会場に子どもたちが楽しめるイベントなどが数多く開催され、街全体で子どもの成長の支援を行っています。

ご当地グルメが楽しめる直売所が豊富

岡垣町は豊かな水源と、広大な自然に囲まれた岡垣町は多くの果物の名産地です。肥料などに漢方薬を加え育てられた巨峰や岡垣町の高台で太陽の光をたっぷり浴びて育ったみかん、豊かな地下水で育てられたイチゴ、生産量福岡1位であるびわなど数多くの果物が名産に並びます。

町内では旬のフルーツの露店の並ぶ「フルーツ街道」や農家直売で毎月第4土曜日に開催されている「軽トラ市」なども開催されています。また、果物だけでなく海にも面しているため海産物の市場も開催されています。波津漁港で開催される「波津海産市」ではその日の朝に捕れた新鮮な魚を販売しており旬の魚を存分に楽しむことができます。

岡垣町の町名が小惑星の名前にも・・・

岡垣町の町名が小惑星の名前として登録されているのはご存知でしょうか?岡垣町が北斗七星が水を汲む姿を見ることができる世界的に見ても貴重な場所だったことから2017年4月13日回報で、小惑星に「Okagakimachi」と命名されたことが報じられ国際的にも話題となりました。岡垣町に住めばそんな貴重な星空を思う存分、堪能することができます。

岡垣町で住まいを探すならはなまるハウスへ

岡垣町で住まいを探すならはなまるハウスへご相談ください。地域密着のはなまるハウスだからあなたのご要望をヒアリングさせていただき、注文住宅はもちろん、新築一戸建て、中古住宅を含め豊富な物件情報からピッタリの物件をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

 

【お問い合わせはこちらから】

【はなまるハウス岡垣営業所】

 

 

Topへ戻る